1. TOP–>
  2. 風俗ニュースブログ–>
  3. 2013年5月 大阪の風俗ニュース

風俗ニュースブログ

2013.05.08
2013年5月 大阪の風俗ニュース

大阪 女性教諭、風俗店で働く=借金返済目的、停職6カ月—大阪府教委〉

2日、風俗店でアルバイトをし、教職員の信用を失墜させたとして、大阪府教委は府立高校の女性教諭(29)を停職6か月の懲戒処分にしたと発表しました。
府教委によると、女性教諭は昨年10月から今年4月上旬までの間、高校での勤務を終えた後や休日に、大阪市内の無店舗型風俗店で働いて計約160万円の収入を得ていたそうです
府立高校の教師は、営利目的での副業自体が禁止されています。教諭が風俗店で働いていたことが発覚し、懲戒処分を受けたケースは初めてという。
今年3月中旬、女性教諭の風俗店勤務を告発する匿名のメールが府教委に届き、発覚した。
女性教師は「借金があり、短期間で稼ぎたかった。こういう店なら多くの人に会わずに済むと思った」と説明しているということです。
地方公務員法は原則、営利目的の副業を禁止。発覚した場合、府が定める教員の懲戒に関する条例では、戒告や減給処分が基準とされている。しかし府教委は今回、「著しく不適切で、信用を大きく失墜させた」と判断し、基準を上回る停職処分とした。
女性教諭は「生徒に対して大変申し訳ないことをした」と話しており、同日付で依願退職しています。


生徒達はさぞかしショックだったでしょうね…。